遺産分割とは

遺産分割は遺産を分ける手続きのこと

遺産分割とは、相続人が亡くなった人の相続財産を分配することです。人が亡くなったら、その人の財産やマイナスの財産である負債が残ります。それらの財産は原則として相続人に引き継がれます。ただ、相続人は複数いるケースが圧倒的に多いので誰がどの遺産をもらうのか(例えば不動産は妻、現金は子など)を決めなければなりません。そのための手続きが、遺産分割です。

<

話合いで解決できるといいのですが、、

なにごとも話し合いで解決できるのが一番いいですね。しかし、人間同士のすることですので、すべからくそうなるとは限りません。
当事者同士で話合いができない場合には、家庭裁判所で調停や審判といった手続きが必要になることもあります。

遺産分割って絶対しないとだめなの?

次のようなケースの場合、遺産分割協議をしなくていいのです。

1.遺言がある場合

人が亡くなったとき、その方が遺言書を残している場合があります。遺言とは、亡くなった方がしたためていた大切な最後の意志です。その内容が優先されてそのとおりに相続が行われるので、遺言によってすべての遺産の処分方法が定められていたら、遺産分割の手続きが不要になります。(ただし、後述の通り、別の定め方をすることも可能です。)

たとえば、父親が死亡したとき、父親が「すべての遺産を妻に相続させる」という遺言をしていたら、妻と子どもたちは遺産分割協議をするまでもなく当然に、妻が全ての財産を相続することになります。

2.相続人が1人の場合、またはいない場合

相続人が1人の場合にも、遺産分割は不要です。
そもそも相続人が一人の場合、分割をしようにもできませんね。
相続人がいない場合も同様です。

3.相続人が法定相続分に従って相続する場合
人が亡くなると、相続人はその相続分を当然に相続する権利が発生します。それは、遺産分割を経なくても認められる権利です。(ただし、実務上銀行等金融機関はその払い戻しにおいて、個別の人からの払い戻しに応じないことが一般的です。)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。